2011年05月21日

顔面に唾を吐きかけられました。

先日、小学校一年生のAくんと遊んでいたところ、
突然、「顔面に唾を吐きかけられ」ました。

しかも、こぼれたとかではなく、
あきらかに唾を吐きかけるために、一度ためて、
それから私の顔に向けて吐きかけてきました。

あまりのことに、一瞬呆然としてしまいましたが、
もちろん、叱りつけた上で、迎えに来たお母さんに話をしました。

すると、本人曰く、
「こちらが思う通りのあそびをしてくれなかったから気に食わなかった」
とのこと。
「気に食わないからって、唾を吐きかけるなんてダメに決まっているでしょ!!」
と話したところ、

「ダメって言われてないからやった」

・・・

で、「唾を吐きかける」なんて、気に食わなくてもやらないもの。
なので、その時にお母さんに聴きました。

「ご自宅ではどうなのですか?」

すると、

「うちでも【飼っている犬に向かって唾を吐きかける】んです。
ダメって言っているんですが、
【だって、犬は嫌だって言ってこないよ。だからいいんだよ。】
と返してくるんですよね。

かわいそうだからやめな、とは言っているんですが・・・」





もちろん、そんなことは許されない!!!
として、二度としないことを確認し、
自宅でも叱ってもらったのですが・・・
現場での話では、ずっと「おれは知らないよ」
「もう帰っていいよね」とか、はぐらかすことばかり。

「謝らない限り、二度と来なくていい!!!」
そう叱りつけて帰宅することとなりましたが・・・

うーん・・・
自宅で、犬を相手に「唾を吐きかける」って・・・
そしてそれを「辞めさせることができなかった親御さん」と、
他の場所でもやってしまったその子・・・

今回の件で、その夕方、泣きながら「ごめんなさい」
と謝罪の電話をしてきましたが・・・

これで本当に学んでくれればいいんですけどね。


「言われてないからやっていい」

唾をはきかけるなんて、ダメに決まっている。
しかも、相手が嫌がることだってことは、わかっている。
わかっているのに、屁理屈をつけてとぼける。
こういうごまかすことは私は一番許せないと思っています。

悪いことをしたら、反省して次しないようにする。

どんな人間だって、間違いや、その場の感情でやってしまうこともある。
だから、やってしまったこと、それ自体を怒る気はありません。


でも、ごまかしたり、逃げたりするのは許せない。

今回、そうしたことを改めてはっきりとさせる必要を感じた事例でした。

しかし・・・そうしたマナーって、家庭でやるものじゃないんですかね。

いまは、学校や学童、職場でマナーを教える時代なんでしょうか。

みなさんは、どう感じますか。


いずれにしても、この子が今回の件で学んでくれれば、それがなによりです。

そして、その対応が学べたことへの感謝、ですね。



同じカテゴリー(教育)の記事画像
【一流を目指す子供たちのために 一流のケアを】
【基本を学ばないと応用はない】
「かわいい子には旅をさせろ」
【基本の大切さ】
「教え育つ」ではなく「共に育つ」のが愛情
いまは保育の心を持ちたい
同じカテゴリー(教育)の記事
 【一流を目指す子供たちのために 一流のケアを】 (2013-05-13 12:53)
 【基本を学ばないと応用はない】 (2013-02-16 15:11)
 「かわいい子には旅をさせろ」 (2012-11-06 15:00)
 【基本の大切さ】 (2012-10-06 10:00)
 「教え育つ」ではなく「共に育つ」のが愛情 (2012-09-25 21:00)
 いまは保育の心を持ちたい (2012-08-03 20:00)

Posted by くみちょう at 19:00│Comments(4)教育
この記事へのコメント
はじめまして。
通りすがりです。

>こういうごまかすことは私は一番許せないと思っています。


でも、このお子さんがどうしてそんなことをするのか、一緒に考えてあげたいですね。

その行為は表面化したもので、もっと深い感情があるような気がします。
Posted by かずみかずみ at 2011年05月21日 20:05
思わず見入ってしまった。

昔は・・・と言ってしまうとなんでもそうなってしまうけど
子供の頃は学校の先生はあくまでも先生であり口のききかたにも
それなりに考えて話をしてましたね。

しかも世の中どっちかというと “ダメって言われなくてもやってはいけないこと” の方が多いんじゃないかな?

やっていいこと、いけないことは自然に身につくというのは昔の話なのか?
Posted by MASA at 2011年05月21日 23:30
>かずみさん
「もっと深い感情」
そういうところまで、じっくりと向き合うこと大切ですよね。
一緒に考えてあげる時間を、とって向き合って生きたいと思います。
コメントありがとうございます。
Posted by くみちょうくみちょう at 2011年05月22日 07:13
>MASAさん
学校等に勤務していると、
はたしてどこまで踏み入っていいのか、
というのはすごく難しいところなんですよね。

立場や考え方の違いによって、
「学校等はそこまで入り込むのは違う」というのもあるし、
「ルールや人間関係をこそ学ばせて欲しい」という人もいる。
そして、現実には、学校の先生は「勉強を教えるプロ」として
資格はもっているけども、ルールや人間関係のプロではない。
もちろん、それに近しいことはしているけども・・・

私も、「昔はそうじゃなかったよな」
と思うことが多い方なのですが、
逆に言うと、いまの親御さんはそのあたりを悩んでいる
ということがあるのかとも思います。

学校とは別に、親御さんに対してのフォローだとか
子供たちにマナー等を教える場が必要な時代になったのかもしれませんね。

・・・いずれにしても、色々と考えさせられました。
コメント、ありがとうございます。
Posted by くみちょうくみちょう at 2011年05月22日 07:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
顔面に唾を吐きかけられました。
    コメント(4)