2008年09月03日

自分の価値

【あなたの価値はどのくらいありますか】

あなたは、こうした問いかけをされたら何て答えますか?





毎日、時間に追われて生きていたりしませんか?





毎日、お金を稼ぐことに必死だったりしませんか?

なんで、そうした状況になっているのでしょうか。

「貨幣を通じて現代社会の問題点を捉える」
http://neweducation.gunmablog.net/e13362.html
6月にすでにこんな形の記事を掲載しました。いま、再度取り上げてみようと思います。

【あなたの価値はどのくらいありますか】

この時に、お金を使わずに自分の価値を話すことができる人、どのくらいいますか?

現状、それを資産的価値に置き換えて・・・というほうが、「人に認められやすい」ということがありませんか

「私はいま、毎月これだけのお金を稼いでいる。」
「自給換算すると、今の仕事はこれだけの価値があります」
こうしたわかりやすい形の金銭価値での表現もあります。

「私は○○という会社に勤めています。」
これは、その裏側に金銭価値にした会社があることを示しています。

これらの表現方法、非常にわかりやすいですよね。
社会における自分自身の価値を確認する際には、非常に有効な手段であると思います。
なぜなら、「誰から見ても普遍的な価値」だから。

そう、実は「お金」って、使い方を間違えなければ人類が生み出した中でも最高の道具の一つなんですよね。

でも、いやだからこそ、お金だけを基準にした場合にわかりづらいことってたくさんあります。
「家族の絆」、「友情」、「愛情」、「環境問題」「文化」「芸術」などなどです。

一見した時に、お金に換算することが難しいものって、どう表現していいのかわからないのです。
自分の心を安心させてくれたものに対して、「じゃあそれっていくらの価値があるの?」と言われても、
うまく表現できないからこそ、「不必要なものなの?」と疑問を感じたりしてしまうのです。

ここで、はっきりとしておきたいこと、それは「お金は必要」ということです。

「お金が悪い」という判断になりがちなのですが、実は違います。
お金は大事であり、むしろその「使い方をまちがっている」という点に注目すべきなのです。

便利な道具である「お金」

しかし、いくら便利でも「道具」でしかないということに注意しないと、
「お金のために幸せを逃す」ことになります。

しかし、お金を「道具」としてしっかりと認識した上で、
その「道具をいかに使うのか」という観点で行動したら、
「お金は幸せを呼びます」

そうしたら、「お金」をしっかりと「道具」として認識することが大切なのではないでしょうか。

「自分は価値ある人間である」
このことを、お金を用いて説明するのが最も簡単で、最もわかりやすいからこそ、
気が付くとお金に支配されてしまっているのが現状ではないでしょうか。

でも、本来、人はお金も何も持たずに生まれてきます
であるからには、この身一つで価値を表現できなくてはいけないのではないでしょうか
それができないからこそ、もがき苦しみ、「自分は価値のない人間である」と考えて、
「心の負の連鎖」に陥ってしまうのではないでしょうか。

その意味で、お金というツールも用いつつ、一方では「お金に換算しづらいモノ・コト」を、
大事にしていくことが必要になってきているのではないでしょうか。

子どもにとっては「親に愛されている」ということ、
親にとっても「社会に役立つ人間」として活動できていること、
そうしたことが、「自分の価値」の根本になってくるのではないでしょうか。

みなさんは、「自分の価値」を表現できますか?
また、身近な存在である「家族の価値」を表現できますか?

お金に頼らずにそうしたことを表現できるようになったら、
おそらく、身近な問題であるひきこもりも、大きな視点で見ての戦争も、
起こらなくなるのではないでしょうか。


私自身、このことについて、まだ詰めて考えきれていないのですが、
そうした観点で、人が生きるということについて、
もっともっと、つきつめて生きたいなと、そう思います。


「楽しいことが人生だ!!」は にほんブログ村 に参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければクリックをお願いします。



同じカテゴリー(まじめ)の記事画像
【反省と後悔は違う】
【時代に取り残される気持ち】
「義務先行の原理」
【恩師からの電話】
【託された想いに応える】
【宗教戦争が大嫌いな私】
同じカテゴリー(まじめ)の記事
 【反省と後悔は違う】 (2013-08-08 19:45)
 【時代に取り残される気持ち】 (2013-06-06 12:41)
 「義務先行の原理」 (2013-05-30 18:08)
 【恩師からの電話】 (2013-05-29 12:48)
 【託された想いに応える】 (2013-05-27 21:43)
 【宗教戦争が大嫌いな私】 (2013-05-22 12:37)

Posted by くみちょう at 18:30│Comments(2)まじめ
この記事へのコメント
負けて知ること!!
この国は戦争に負けて、300万余の同朋、家族を失って多くを知りました。
人の人生、たったの“70年”です(笑)。過ぎてみれば、終わってみればあまりにも早い・・・・・・
自分のその生涯を高速度カメラで観たなら、誰もが苦笑することでしょう(笑)。

>そうした観点で、人が生きるということについて、

それを考える人、全く考えない人。いろんな人がいます。その意味では自分を信じるしかない。自分で自分を信じて自分の途を行く・・・・・・
他人の目を気にすることなく、正しいと思った己の途を歩く。本来、この国はそうあるべきなのです。国際貢献だの、グローバル・スタンダードだのこの国の政治指導者は世襲、腐りに腐った。その意味では福田さんはそれを国民にさらけ出してくれた功労者(笑)。

6日(土)、8:00~10:59、NHK「日本のこれから」という視聴者参加番組に一般市民30人の一人として参加します。テーマは「税金」。つまり「お金」です。
こんな人間、初老の男がいることをお知り置きください。
くみちょうさんのご健勝、そしてご活躍を祈念申し上げます。
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2008年09月03日 21:10
>昭和24歳さん
人生の先輩方にコメントをいただけること、タイヘン嬉しく、ありがたく感じております。
そう、日本人は「負けた」からこそ、より多くのことを学べた。
そのことをすら誇りに変えて、自らの意思を示していくことが、今後必要になっていると思います。

若い私はまだまだ至らぬ点が多々ありますが、どうか温かく見守り、時に厳しく道を示していただけたらと思います。
Posted by くみちょう at 2008年09月05日 17:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分の価値
    コメント(2)