2012年10月06日

【基本の大切さ】

【基本の大切さ】
~途中経過を吹っ飛ばして結果を得ようとしない~

「一言でいうと」
焦らずに一つ一つ階段を上ることが
人間にとって大切なことです

「具体的には」
赤ちゃんのころ とにかく立って歩くのが
早い方がいいと思われておりますが
実は「匍匐前進」にはじまり「はいはい」から
「たかばい」「二足歩行」へと
順番をしっかりと踏んでいく必要があります

「なぜならば」
匍匐前進をしながら「腕の筋肉」や「使い方」を学び
はいはいをしながら「指先」をきちんとひらいて
腕の力を指先に伝える方法などを実体験しながら学び身に着け
たかばいをしながら自分の重心・力のかかり具合を調整して
それができるからこそ「二足歩行」をした時にも
「フラフラ」したりせずに歩くことができるようになる

「したがって」
途中経過をすっ飛ばして結果だけ得ようとすると
かえって「変な歩き方」になったり
「早く走れない」などのその後の影響が大きくなります

「それらを知る前の自分は」
とにかく「目に見える成果」や「結果」にばかり目を向けて
途中経過をあまり考えておりませんでした
が 障碍を持った子供たちが
上記「匍匐前進」からはじまり「運動を基礎」を
きちんとやることで「障碍が改善」されている実態を
目にすることで 「ああっ 基本をおろそかにしちゃいけないな」
ということをまじまじと感じることができました

「まとめると」
目に見える成果を急いで求めるのではなく
必要な階段を一つ一つクリアしながら成長していく
ことが大切です






これ「身体的な障碍」のことだけではないんですよね
運動をきちんとして 体幹がしっかりすると
目に見えて 精神的な障碍や 知的障碍も改善されます

「もう○歳にもなるんだから××ができないと・・・」
と思って つい途中経過を抜きにして
××ができるように という成果ばかりに目を向けてしまう

これって 親心としてはよーくわかる
そんな相談を これまでもたーくさん受けてきました
が そこを焦らずに一歩待てるかが大切

子育てに限らず すべてのことに当てはまりますよね


さて 自分は「どこかの階段」を吹っ飛ばして
できた「つもり」でよろこんでいないか
よーく見直していきたいと思います

さあ 今日も一日
何が起きても感謝で受け止める一日にします
楽しんでいきましょう♪



同じカテゴリー(教育)の記事画像
【一流を目指す子供たちのために 一流のケアを】
【基本を学ばないと応用はない】
「かわいい子には旅をさせろ」
「教え育つ」ではなく「共に育つ」のが愛情
いまは保育の心を持ちたい
でんでんむしのかなしみ
同じカテゴリー(教育)の記事
 【一流を目指す子供たちのために 一流のケアを】 (2013-05-13 12:53)
 【基本を学ばないと応用はない】 (2013-02-16 15:11)
 「かわいい子には旅をさせろ」 (2012-11-06 15:00)
 「教え育つ」ではなく「共に育つ」のが愛情 (2012-09-25 21:00)
 いまは保育の心を持ちたい (2012-08-03 20:00)
 でんでんむしのかなしみ (2012-07-04 10:00)

Posted by くみちょう at 10:00│Comments(0)教育
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【基本の大切さ】
    コメント(0)