2012年10月26日

【羨ましがるのをやめよう】

【羨ましがるのをやめよう】
~その暇があったらそこにたどりつく道を歩け~

「一言でいうと」
他人が羨ましく思えたら
その本当の理由を考えてみよう

「具体的には」
あの人は食べても痩せてて羨ましい
と思ったとしたら
「自分もそうなりたい」のか
単に「妬ましいだけ」なのか
それをはっきりさせることが大切です

「なぜならば」
妬ましいだけだと それは人を非難・攻撃するだけで
なんの意味もない むしろ人を貶めて
なにより自分を貶めるだけでしかありません
しかし「自分もそうなりたい」ということであれば
そのための努力をすれば
自分もそこに到達できるのだから
それはプラスとして受け止めることができるのです

「したがって」
羨ましいと思ったら
「そうなりたい自分がいるのかどうか」
つまり
「本当にそれを【いいこと】だと自分が感じているのか」
を自分に問いかけてみることが大切です

「その理由を問いかけずにいると」
なんでもそうですが
「能力が高い」とか「よくできる」とか
傍から見たら羨ましく見えることってあります
しかし「自分は その分野で努力して
その能力を身に着けることが
本当に自分にとってしあわせにつながるのか」
ということをよく突き詰めると
「別にいいや」と思っていることは
少なからずあることに気が付けます

そうした「本来の意図とは違うところに力を使う」
のではなく もっと本当に自分が必要としているところに
力を使うようにしましょう

「まとめると」
「羨ましい」と思う程度のことはやらない
「この人のようになりたい!!」と強く想える
そんな想いのある行動をしよう





世の中を見ていると
自分もたいがいそうですが
「羨ましいなあ」とか「いいなあ」程度のことに
手を付けたり 固執したりしてしまうんですよね
その結果として割と報われないことになる

でも本当に「心の底からこれをやりたい!!」
「ぜったいこの人のようになるんだ!!」
と想っていることに取り組む時には
結果うんぬんによらず 気持ちよく過ごせるものです
そういう時ほど 結果もよくなりますしね

さあ そんな素敵な学びを得られた本日も楽しんでいきましょう
今日も一日 何が起きても感謝で受け止める一日にします




同じカテゴリー(一日一実践)の記事画像
【感謝というのは あたりまえのことに気が付けること】
【アイスが愛しい季節になりました】
【いつも心に花を】
【カンニングのススメ】
【何を入力するか】
【泣くっていいね】
同じカテゴリー(一日一実践)の記事
 【感謝というのは あたりまえのことに気が付けること】 (2013-07-11 08:23)
 【アイスが愛しい季節になりました】 (2013-06-08 07:17)
 【いつも心に花を】 (2013-06-07 06:32)
 【カンニングのススメ】 (2013-06-03 05:03)
 【何を入力するか】 (2013-06-01 06:07)
 【泣くっていいね】 (2013-05-30 07:09)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【羨ましがるのをやめよう】
    コメント(0)