2013年01月13日

子どもに生き方を示す

昨年末 12月12日に上毛新聞オピニオンにて
私が書かせていただいた記事が掲載されました

今回あらためて
それを文章でまとめなおしてみました

書き直しながら
また思わず泣いてしまうとともに
「人に対する配慮」ができていないなってこと
しみじみ反省しています

死ぬまでに 少しでもこの恩師の先生に近づけるよう
日々自分のことを顧みて 変えていきます

【平成24年12月12日(水)
上毛新聞オピニオン21 掲載
「子どもに生き方を示す」
あそびの市場実行委員会 実行委員長 小松愼二】





これは私の人生をよいものにしてくれた「恩師」のお話です。
 とある学校の、とある担任の先生。気さくで、いつも笑顔で、
冗談を言うと冗談で返してくれて、みんなにこにこ楽しいクラス。
そんな先生が私は大好きでした。
 その先生がある日、遅刻をしてきました。私はいつものノリで
「あー、先生が遅刻したー!先生が遅刻したら怒れないよね。
おれたちも明日から遅刻してもいいんだよね!」そう叫びました。
「またそういう冗談を言って!」と、にこにこしながら軽く返して
クラスが笑いに包まれる・・・そう思っていました。
 でも、その日は違っていました。先生はその場でポロポロと
涙をこぼしてしまったのです。大好きな先生を泣かしてしまったことで、
おろおろしてしまいました。「あーこまつが先生を泣かした!」
まわりからそんな声が聞こえてきました。その直後、先生は
「ごめんね。なんでもないから。それじゃ、授業をはじめます」
そう言ってすぐに授業をしました。
 その日の放課後、先生は誰にも気づかれないように私を別室に
呼んで、こんなお話をしてくれました。
 「今朝はいきなり泣いちゃってごめんね。いろいろ理由があるんだけど、
あなたにはきちんと話しておきたいと思ったの。実は今朝、先生の
お母さんが倒れてね。それで朝から病院に付き添ったりしていて遅刻したの。
他の先生たちは休んでもいいと言ってくれたけど、先生はみんなのところに
行きたいと思ってたから、学校に来たの。でも、そんな時にかけられた
言葉があなたの今朝の言葉で・・・思わず泣いちゃって・・・
ごめんね。あなたがいい子だってことはよくわかっている。
人を傷つけようとか、そういうことを考えていないってのはすごくよく
わかっている。でもね、人って時と場合によっては同じ言葉でも
ショックを受けたりすることがあるの。あなたにはそうしたところまで
配慮できる人になってほしい」
 私は幾百、幾千の言葉よりも、この先生の「生きざま」から学ぶことが
できました。「自分が大変な時に人のことを考えられる。そういう
大人になりたい」と。
 仕事柄「こどもに○○させたいんですが」という相談を受けることが多々
あります。しかし、そうした【人を変えようとする】やり方では子供たちは
変わりません。子供たちが【ああいう大人になりたい】と思ってくれる
自分になることが一番の教育ではないでしょうか。みなさんは自分の過去を
振り返ってみた時、そう感じませんか。
 「子どもたちが大人を見て希望を持つ」-そんな世の中にしていきましょう。
それが「大人」の役割ではないでしょうか。



同じカテゴリー(まじめ)の記事画像
【反省と後悔は違う】
【時代に取り残される気持ち】
「義務先行の原理」
【恩師からの電話】
【託された想いに応える】
【宗教戦争が大嫌いな私】
同じカテゴリー(まじめ)の記事
 【反省と後悔は違う】 (2013-08-08 19:45)
 【時代に取り残される気持ち】 (2013-06-06 12:41)
 「義務先行の原理」 (2013-05-30 18:08)
 【恩師からの電話】 (2013-05-29 12:48)
 【託された想いに応える】 (2013-05-27 21:43)
 【宗教戦争が大嫌いな私】 (2013-05-22 12:37)

Posted by くみちょう at 12:00│Comments(2)まじめ
この記事へのコメント
おい、バカww
相変わらず気持ち悪い顔してんなwww
群馬かわら版の誰も見てない三面記事でキモイ面さらしてねえで結婚できない現実でも見てろや?本当にバカな奴だなw
いいか?お前な、お前は小学生のころから誰からも相手にされていないいじめられっ子なんだよ?分かるか?
だから一人の女からも相手にされねえんだよwwwwwwwwww
結婚して子供がいて初めて一人前なんだからな?分かるか?そのクルクルパーの頭でで分かるか?
だからおめえは役立たずのはぶられ野郎だwwwwwwwwwwww
愛されない底辺生物にもな、遠慮して生きていく慈悲を与えてやるから感謝しなww
Posted by そうちょう at 2013年01月14日 15:48

結婚して子供がいたとしても、こんなコメントを入れる人は【一人前】といえるのか?
こんな人を配偶者に選んだ妻は見る目がないから仕方ないとしても、親を選べない子供は可哀そう。
Posted by 通りすがり at 2013年01月18日 22:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子どもに生き方を示す
    コメント(2)