2013年04月06日

【最期の最期に決めるのは自分自身】

【最期の最期に決めるのは自分自身】
~私の人生を決める言葉~
「後悔しない生き方 自分の人生」


おはようございます♪
うれしいことで

「私は【自分が傷つけられる分でも
人を傷つけて生きることはしたくない】」

ということを宣言しておりますが
そのことを指して

「じゃあお前を攻撃してやる!!
絶対やり返さないってことを
試してやるからありがたく思え!!」
と言って嫌がらせをしてくる人

「たしかにそれはいいと思いますが
実際にやったら私も
上記のように攻撃をされました
どう対処したらいいんですか」
と相談してくる人

「そんなのキレイごとで
実際には自分が人を攻撃しないと
身を守ることはできない
キレイごと言うんじゃない!!!」
と怒ってくる人

「先生は絶対にやりかえさないって聴いたよ
だから蹴っ飛ばしてもいいんだよね?」
とか言いながら蹴っ飛ばしてくる子ども


こんな方々からのメッセージや
実際にやってくることが多々あります

では私がそうした時に
どのように対応しているのか
どのように考えているのかを書きます


「いいと思うよ あなたがそうするのであれば
そうしたいのであれば
最期の最期 その人生の選択は
あなた自身がするものだから

ただ 文字通りそれは【最期の最期】
人生が終わる時にあなた自身が
それで【後悔しない】のであればそうすればいい

私は 少なくとも
人から攻撃されてやり返すのもそうだし
そもそも【あいつは反撃しないから攻撃しろ】
と考えて 人を攻撃したり 嫌がらせをする人と
仲良くしたいとは思わないし 近寄ろうとも思わない

誰も見ていないと思っても
必ず誰かが見ている

なによりも【自分の行動】は【自分自身がよく見ている】
それでも 本当に 心の底から【後悔しない】なら

その姿を人が見た時に
嫌われたり 離れられても
【それでもいい】と思っているのであれば
そう行動すればいい

ただ私は そんな生き方は後悔しか残らない
人からは大切にされたいし 愛されたい
仲良くしたいと思っている

だから私は反撃しない生き方を
【自分が傷つけられる分でも
人を傷つけて生きることはしたくない】
そんな生き方をしているのだ

とそう伝えていますし そうしてきています

それでも攻撃をし続けてくる人はいます
そしたらそれはそれ

それ以上何も言いませんし しません

本人がそれで苦しくないのであれば
それでいいんじゃないでしょうか





でも ホントに苦しくないのであれば
「なんで そんな生き方をする私を
攻撃しないと気が済まない」のかと

それって 本当のところは
人から愛されたい 仲良くしたい
大切にされたいってことじゃないのか と


そんな言葉を投げかけさせていただきます


これってものすごく厳しい言葉だと思います

でも この言葉以上に
私自身が痛烈に 自分自身の人生を振り返って
大切だと思ったこと 後悔してきたこと
どうしてもこうしたいと思ったことはないので

厳しいことだからこそ 伝えたいと思っています


もう一度 最後に投げかけたいと思います

【あなたはその生き方で
最期の最期 後悔しないでいられますか】


同じカテゴリー(まじめ)の記事画像
【反省と後悔は違う】
【時代に取り残される気持ち】
「義務先行の原理」
【恩師からの電話】
【託された想いに応える】
【宗教戦争が大嫌いな私】
同じカテゴリー(まじめ)の記事
 【反省と後悔は違う】 (2013-08-08 19:45)
 【時代に取り残される気持ち】 (2013-06-06 12:41)
 「義務先行の原理」 (2013-05-30 18:08)
 【恩師からの電話】 (2013-05-29 12:48)
 【託された想いに応える】 (2013-05-27 21:43)
 【宗教戦争が大嫌いな私】 (2013-05-22 12:37)

Posted by くみちょう at 07:52│Comments(0)まじめ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【最期の最期に決めるのは自分自身】
    コメント(0)